抗アレルギー薬の種類.com

アレルギーの子供に対する小学校の理解とは

アレルギーは誰にでも起こる可能性のある症状です。大人だけでなく子供でも発症する事があります。アレルギーについての理解が足りなければ、場合によっては死に至る危険性もあります。

小学校では、授業や給食等でアレルギーの原因となる物質が使用される事があります。親の指導や子供の注意である程度は原因を防ぐ事ができますが、個人の頑張りではどうしても限界があり、症状が起こってしまう事もあります。そのため、アレルギーの予防、症状が起こってしまった場合の対策には小学校のカバーが必要になります。
一つは、学校の先生がアレルギーの原因を把握する事です。特にクラス担任の先生は、子供と学校生活の大半を共にします。子供がアレルギーの原因に触れないように対策をすれば、症状の発生を減らす事ができます。アレルギーの原因で最も多い給食は、各自治体で対応が異なる事があります。昼食をどのようにカバーするかの対応を確認する必要があります。
もう一つは、実際にアレルギーの症状が出てしまった場合の対処法を周知しておく事です。アレルギーの症状が出たら、一刻も早く症状を抑える薬を投薬しなければなりません。症状の重さは個人によって違いがあり、本人が自力で抗アレルギー薬を使えないという状況も考えられます。そのため、抗アレルギー薬の使用方法を先生が理解しておく事が重要です。また、本人が持ち歩く分の他に、教室や保健室に置き薬として抗アレルギー薬を保管しておく事で、教室外でアレルギーが発症した場合でも素早い投薬が可能です。
アレルギーを持つ子供が安全に生活するためには、小学校側のカバーが重要です。先生とアレルギーについて予防・対策をよく相談しましょう。